top of page

2023年インフルエンザワクチン要項

12月9日追記

2023年のインフルエンザワクチン接種は終了しました。

引き続き感染予防のために手洗いやうがいを行っていきましょう。





2023年のインフルエンザワクチン接種は以下の通り実施しますのでご確認ください。

今年はすでに学級閉鎖も出ており、流行時期が早いと言われています。早めの接種をお勧めします。



✓接種日時


○平日

10月2日(月)以降の診療時間内


○土曜日

①10月 7日 終了しました

②10月21日 終了しました

③11月11日 終了しました

④11月25日 終了しました

⑤12月 9日 終了しました


12月9日で2023年度のインフルエンザワクチン接種は終了します。

ご予約はお早めに。

 

✓接種対象者


○平日

当日に診察/リハビリ等診療の予約が入っている患者さんのみ (インフルエンザワクチン接種のみでの来院は不可)


○土曜日

どなたでも接種可能 (当院受診歴がある方はもちろん、受診歴のない方も、企業さんの団体も可)


※中学生未満の方は接種できません

 

✓予約開始日


9月11日(月)9:00〜


 

✓予約方法


完全予約制(予約されていない方の接種はお断りさせていただきます)


1 インターネット  土曜日の接種予約のみ


2 電話(070-7561-9186)

 クリニック代表電話ではお取りできません <電話対応時間> 月・水・木・金 → 9:00〜17:00 火 → 14:30〜19:30 土 → 9:00〜12:00


3 窓口


※5名を超える団体のご予約はお電話でご連絡をお願いします

 

✓価格

中学生〜65歳未満の方

3,000円(税込)


65歳以上で札幌市内在住の方

1,400円(税込)


65歳以上で札幌市外在住の方

3,000円(税込)


 

✓支払い方法

現金・クレジットカード・電子マネー



 

✓持ち物

  • 診察券(受診歴のある方)

  • 記入した問診票(64歳以下の方で下記の問診票がご自宅で印刷可能な方)

  65歳以上の方は札幌市が指定する問診票を院内で記入していただきます

インフルエンザワクチン問診票
.pdf
Download PDF • 596KB

  • 65歳以上の方:住所と生年月日が確認できるもの(市内在住か市外在住によって金額が変わるため)

  • 生活保護の方:生活保護受給者証

  • 受診歴のない方:住所と生年月日が確認できるもの


 

✓接種までの流れ


<平日>通院患者さんのみ

  1. 受診時に院内で次回受診にあわせて予約をする。または電話で予約する。

  2. 接種当日は診療の前後でスタッフが順次ご案内いたします。


<土曜日>

  1. 上記日程の中からご希望の日付と時間を選択

  2. インターネット・窓口・電話のいずれかの方法で予約をする

  3. 予約時間に来院し、受付をする

  4. 問診票を記入する

  5. 医師の問診を受ける

  6. ワクチン接種をする

  7. 会計をする

(所要時間は15分程度です)


 

✓その他


  • 新型コロナウイルスワクチンとインフルエンザワクチンの同時接種、直近での接種可能です。

  • インフルエンザワクチン接種は1回のみです。

  • 領収証は個人名での発行になり、企業さま宛の領収証の発行はいたしかねます(インボイス登録番号をご希望の方はスタッフまでお声がけください。)

  • 土曜日の接種は10月7日、21日、11月11日、25日、12月9日の14:30〜17:00のみとなります。

  • 今年度のペア割引は実施いたしません。

  • 帯状疱疹ワクチン接種も行っております。 同日の接種も可能です。接種ご希望の方はお電話でのご予約をお願いいたします


最新記事

すべて表示

PRP療法を応用したPFC-FD(2.0)ができます!   

近年の医学では再生医療(バイオセラピー)が話題となることが多くなりました。 再生医療は、人が生まれながらに持っている「自然治癒力」を活かした治療法で、自分の血液由来の成分などを活用して、傷んだ組織の修復を促したりすることが期待できます。 整形外科では、PRP療法(多血小板血漿)という血液の中の血小板という成分に含まれる成長因子を注射して、組織治癒や炎症抑制を期待する治療が普及してきました。 最近で

bottom of page