コロナワクチン接種と骨粗しょう症治療薬の休薬について

高齢者のコロナワクチン接種が進んでおり、最近患者さんからも骨粗しょう症治療薬との関係について質問を受けることが多くなっています。

方針は医院ごとに異なるかと思いますが、以下に当院の方針を記載いたしますので、ご参考にしていただければと思います。

まずコロナワクチンと現在市販されている薬との関連はほとんどわかっていないのが現状で、日本骨粗鬆症学会などの団体からも、治療薬の休薬についての提言などは発表されていません。

したがって・・・ 日本人でのコロナワクチンと骨粗しょう症治療薬の関連はわかっていないというのが実情です。

しかしすでに日本では2000万人近い方がワクチンを接種されておりますが、骨粗しょう症治療薬が悪影響を及ぼすなどといった関連性は報道されていません。

ただコロナワクチン接種後には副反応として発熱や倦怠感などが生じることが報告されていますので、ワクチン接種日に骨粗しょう症治療薬を飲んだり注射していると、もし副反応が出た場合、ワクチン接種の影響なのか、骨粗しょう症治療薬が原因なのか、または骨粗しょう症治療薬を使用したから副反応が出たのかなど区別がつかないことが起こり得ます。

したがって、少しでも安心してワクチン接種が受けられるように・・

ワクチン接種当日は骨粗しょう症治療薬はお休みすることをオススメさせていただいております。

接種翌日以降は体調が問題なければ、骨粗しょう症治療薬は使用していただいて問題ありません。

またワクチン接種日に骨粗しょう症治療薬を使用しても、治療やワクチン効果には影響がないと思われますので、ご安心ください。

感染リスクを減らすため、感染拡大を防ぐためにも、ワクチン接種は受けていただいたほうがよいと思いますし、骨粗しょう症治療薬は骨折を防ぐためにも重要ですので、治療継続が必要です。

健康寿命を延ばすためにも、ワクチン接種を受け、骨粗しょう症治療薬を継続しましょう。

以下にわかりやすくまとめましたので、ご確認ください。

骨粗しょう症治療薬(飲み薬) ✓ビスホスホネート(朝起きてすぐ飲む薬、毎日/1週間に1回/1ヶ月に1回)

 ボナロンゼリー、ボナロン、アクトネル、フォサマック、ベネット、ボノテオ、リカルボン、ボンビバ

  後発品名・・・アレンドロン酸、リセドロン酸ナトリウム、ミノドロン酸

✓女性ホルモン類似薬(毎日飲む薬)  エビスタ、ビビアント   後発品名・・・ラロキシフェン、バゼドキシフェン

✓ビタミンD製剤(毎日飲む薬)  エディロール、アルファロール、ワンアルファ、ロカルトロール   後発品名・・・エルデカルシトール、アルファカルシドール、カルシトリオール

✓ビタミンK製剤(毎日飲む薬)  グラケー   後発品名・・・メナテトレノン

✓カルシウム薬(毎日飲む薬)  乳酸カルシウム、アスパラCA、デノタス   後発品名・・・乳酸カルシウム水和物、L-アスパラギン酸Ca

骨粗しょう症治療薬(自己注射) ✓フォルテオ、テリパラチドBS(毎日する自己注射) ✓テリボンオートインジェクター(週2回する自己注射)

骨粗しょう症治療薬(医療機関での注射) ✓ボンビバ、ボナロン、イベニティ(月1回する注射) ✓プラリア (半年に1回する注射) ✓テリボン、エルシトニン (週1回する注射) ✓リクラスト (1年に1回する注射)

上記は当院の考え方ですので、他の医療施設とは内容が異なる可能性があります。一定の見解が示されていないため、ご了承ください。