Do-Clinic

骨折超音波治療器

骨折超音波治療器

骨折すると、通常骨がくっつく(骨癒合)まで1〜2ヶ月かかります(骨折によってはそれ以上かかることもあります)。

骨癒合がすすまないと、歩いたり動いたりできず、日常生活の支障も続くことになります。

 

当院では骨折超音波治療器を用いて骨折の治療を行っています。

LIPUS(Low Intensity Pulsed Ultra Sound:低出力パルス超音波)により、骨折部分の骨の形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮できると言われています。

 

骨折部に1日1回20分超音波を当てるだけで、痛みや違和感を感じることはありません。

ギプス使用中も、ギプスを開窓して超音波を当てることも可能です。

消炎鎮痛処置の保険診療で行うことができます。

 

1日も早い日常生活復帰、社会・スポーツ復帰を目指します。

 

詳しくはスタッフまでお問い合わせください。