top of page

2024年度の体制について


本日より2024年度がスタートしました。

昨年に引き続き今年も入社式/辞令交付式を行いました。


今年度も患者さんの症状改善・健康寿命延伸のために、精一杯の診療をしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 



 


スタッフの異動/資格取得について

〜退職〜

理学療法士    朝野

看護師      樋浦

 

〜入職〜

理学療法士    森木

理学療法士    小野寺

柔道整復師    新井

柔道整復師    小柄

 


〜骨粗鬆症マネージャー〜

看護師      濱

理学療法士    佐竹

 

〜柔道整復師〜

理学療法士    髙橋

 

 

 

お知らせ

資格取得者、入職者を含め、柔道整復師が3名となり、6月1日より「Do接骨院」を開院する予定です。

場所は大通西16丁目で、クリニックから徒歩3〜4分です。

これまで、交通事故患者さんにリハビリ枠があまり取れず、ご迷惑をおかけしておりましたが、接骨院のほうでしっかりと治療ができるようになります。

また、ラクリスという機器を導入し、全身のボディメンテナンスや筋膜リリースが可能です。運動療法と組み合わせることでより効果を出すことができます。

また詳細が決まりましたら発表していきます。

ご期待ください。



また、4月より第1,3,5金曜の午後は診療応援の先生が来てくれることになりました。

下田康平先生(東徳洲会病院)です。

専門分野は手/上肢となります。

5月以降の第1,3,5金曜の午後診療は、基本的に下田先生が担当します。

これまで以上に幅広い分野の患者さんに対応していければと思っております。

よろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

PRP療法を応用したPFC-FD(2.0)ができます!   

近年の医学では再生医療(バイオセラピー)が話題となることが多くなりました。 再生医療は、人が生まれながらに持っている「自然治癒力」を活かした治療法で、自分の血液由来の成分などを活用して、傷んだ組織の修復を促したりすることが期待できます。 整形外科では、PRP療法(多血小板血漿)という血液の中の血小板という成分に含まれる成長因子を注射して、組織治癒や炎症抑制を期待する治療が普及してきました。 最近で

新しいバイオセラピー PFC-FD(2.0)

当院では、「運動機能をリハビリで治す」ことが診療の柱であり、たとえ関節変形があったとしてもほとんどの場合がリハビリで症状の改善が得られています。 しかし損傷してしまった組織は、リハビリだけではなかなか治すことができないのが現状です。 近年では医学の進歩に伴い、バイオセラピーと呼ばれる再生医療が話題となっています。 整形外科でも例外なく、再生医療が普及してきました。 その代表となるのが、PRP治療と

bottom of page